岐阜県中山間農業研究所 研究所本館 中津川支所の写真
Gifu Prefectural Research Institute for Agricultural Sciences in Hilly and Mountainous Areas
ホームへ概要へ研究内容へ研究成果へ研究所ニュースへ生育情報へアクセスMAPへ他機関のリンク集へ
地域の概要へ研究所実行計画へ研究開発基本方針研究体制へ不正防止

研究開発基本方針
  岐阜県中山間農業研究所では以下のような試験研究の基本方針を掲げています。

1 研究開発の基本目標 
 岐阜県の中山間地域では、その気候的、立地的特徴を生かした多様な農業が展開されており、農業は主要な産業として位置づけられています。この中で、中山間農業研究所は、中山間地農業を県民の生命と健康を守り、環境保全に貢献する魅力ある産業として維持・発展する「元気な農業・農村」づくりを目標として、農業者や関係機関からのニーズを的確に汲み上げ、消費者の農産物への安全性、安定供給、高品質生産等ニーズにも対応しながら、研究開発・地域支援を推進します。

2 研究開発の基本方向
「ぎふ農業・農村基本計画」で定める3つの基本方針「多様な担い手づくり」、「売れるブランドづくり」、「住みよい農村づくり」に基づく各種施策の推進をサポートするため、「生産性向上」、「高品質・ブランド価値向上」、「環境保全」の3つの分野で重点研究に取り組むとともに、積極的な技術支援を行います。
 @ 「多様な担い手づくり」に貢献する生産性向上技術の開発
 産地(担い手)の維持・拡大及び育成に貢献するため、生産の不安定要素を解決する技術、新たな発想による低コスト・安定多収生産技術・ICTを活用した効率的な生産技術など、経営拡大や所得向上を可能とする技術を開発します。
 A 「売れるブランドづくり」に貢献する高品質・ブランド価値向上技術の開発
 国内及び海外において、消費者に選ばれる高品質でブランド力のある農(畜水)産物の開発や生産技術の確立に取り組みます。また、6次産業化や加工需要などのニーズに応えられる地域特産物の育成や利活用技術の開発に取り組みます。
 B 「住みよい農村づくり」に貢献する環境保全技術の開発
 農業・農村を維持するために必須である、環境負荷を低減した持続可能な農業を実現する技術の開発や、鳥獣被害を軽減する技術、生態系や農村環境の維持・増進、ならびに地域資源の有効活用に資する研究等を行います。

3 研究推進方針及び体制
(1)地域密着型研究課題
 
 研究推進方針を以下のように定め、農業者や関係機関からの要望に臨機応変に応えます。
  ア.地域農業者の経営改善に役立つ品種・技術の開発や、地域で発生している問題点・課題の改善、行政問題の対応に取り組みます。
  イ.人材等をより柔軟に活用し、本所・支所間で相互補完し、問題解決の効率を高めます(水稲、野菜、果樹)。
  ウ.県庁農業関係課、農林事務所農業普及課と連携し、技術移転・支援を行います。
    ○現地試験(水稲、野菜、果樹、花き)
   ○主要農作物奨励品種決定調査、採種管理事業
  エ.現場で発生した、研究として解決すべき課題について、迅速に対応します。
  オ.研究の進行管理を研究所で行い、確実な目標達成を図ります。

(2)重点・プロジェクト研究課題
  研究推進方針を以下のように定めて研究を実施し、開発した技術は常に地域からの評価を得ながら生産現場へ情報を発信します。
  ア.異産業分野の研究機関及び産業界と連携し、効率的かつ効果的に研究を推進します(重点・プロジェクト研究枠への積極的な応募)。
  イ.研究は、各専門分野からの助言を得ながら成果を追求します。
  ウ.県関係機関(農林事務所農業普及課等)との連携により、技術普及を考慮しながら研究を推進します。
  エ.主幹課による進捗管理により、確実な目標達成を図ります。

 (3)競争型資金課題
  県関係研究機関にとどまらず、国立研究開発法人、公的研究機関、大学及び企業等とも積極的に連携し、応募を行って、現地に普及する技術の開発を実施します。

4 研究成果の広報普及および技術支援

 研究成果の早期普及を図るため、以下に示す事項を実施し、行政等関係機関と連携しながら、技術移転に努めます。
  @研究成果の広報を積極的に行います。
  A技術相談、技術指導は、農業経営課、農林事務所農業普及課と連携して対応します。
  B技術講習会や講演会等へ積極的に参画し、技術の指導を行います。
5 研究分野 
  当研究所は、ホウレンソウ・トマト・地域特産野菜等の野菜、夏秋ギク・シクラメン等の花き、モモ、クリ等の果樹及び水稲の主生産地に立地しており、生産現場・地域と連携して実施する「地域密着型研究課題」として、品種や栽培技術に関する研究開発を行います。「国際競争に打ち勝つ飛騨地域産「コシヒカリ」の良食味米の玄米成分および栽培条件の明確化」、「雨よけホウレンソウの施
肥改善」、「夏秋ナス「独立袋栽培」の高収量・省力・安定生産技術の確立」の3課題については「重点研究課題」として研究開発を行い、産地の強化と経営基盤の安定、地域特産物の高付加価値化に注目した農商工連携を推進します。また、「清流の国ぎふの強みを活かしたブランド農畜産物ナンバー1プロジェクト」として、県内中山間地域の主要品目である夏秋トマトについて飛躍的増収を実現する隔離栽培技術の開発を行う他、「飛騨・美濃伝統野菜「高原山椒」の生産安定と新商品の開発」、「熟成技術によるクリ新品種の商品展開」、「地域特産品(エゴマ等)の発酵技術による機能性食品の開発」、および「国際社会に向け「ぎふ」をアピールできる輸出向け新花き品目の育成」の4課題については「2020清流の国ブランド開発プロジェクト」として、東京オリンピックが開催され消費の刺激が期待される2020年を睨み、地域の企業と一体となった商品の高付加価値化や新商品開発、あるいは農家・加工品製造業者とともに新品種を活用した農産品や商品の開発等を、農政部以外の研究機関とも連携した、ネットワーク型の研究体制で取り組みます。さらに「拠点結集による地域産業新展開プロジェクト」として、地域の特産食材を活用しつつ、県民の健康の維持増進に有益な機能性の高い農産物の安定生産と製品化を図るために「飛騨エゴマの機能性に特化した新商品開発と総合技術開発」および「宿儺かぼちゃの機能性成分探索と安定生産」の2課題について取り組みます。さらに今年度から「温暖化プロジェクト」として「夏期高温に対応した水稲品種の育成と良食味栽培技術の開発」に新たに取り組みます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


岐阜県中山間農業研究所